お問い合わせはコチラから

町全体で教育旅行を応援します!

子どもたちが“本物”に触れる機会を届けてあげたいと、由良町では町全体で教育旅行をサポートしています。和歌山県のほぼ中央部に位置し、大阪からは車で2時間程度。山と海に囲まれる豊かな大自然が広がっています。最大の特徴は“日本のエーゲ海”とも称される白崎海岸。白い石灰岩が連なる岩壁は、人類が誕生するよりもさらに古く、約2億5000万年前の古生代に出来たものだといわれています。地球の息吹を感じる神秘の舞台で感動体験。由良町の人や自然、歴史や文化、グルメなど、たくさんの“ふれあい”が子どもたちの心に笑顔の花を咲かせることでしょう。

写真1

今しかできないふれあい体験

人と町と自然。様々なふれあいを提供する由良町。
たくさんの“本物体験”は、きっと子どもたちの成長に大きく影響することでしょう。

詳しくはこちら

由良町教育旅行モデルコース

子どもたちの思い出に残るメインの体験プログラムを決めたら、組み合わせは自由自在。
オリジナルの旅行プランをご提案します。

詳しくはこちら

おすすめ観光スポット

写真2
白崎海洋公園(道の駅) 白崎海岸 立巖(たてご)岩

 青い海と白く輝く海岸線のコントラストが美しい和歌山県指定の自然公園。太平洋に突き出したその先端には、24時間利用可能な道の駅があり、園内にはダイビングやキャンプ場などマリンレジャーの拠点にもなっています。

 国道42号から車を走らせること約20分、海沿いの県道に出ると風景が様変わりします。白亜の岸壁は、地球の変動が生み出した太鼓の石灰岩。太陽の光を浴びて美しく輝くその姿は、地中海やエーゲ海に例えられています。

 白崎海岸の象徴ともいえる巨岩「立巖」。海中にそびえ、中央が波に浸食され、岩門のように屹立しています。自然の造形美に加え、大きさも圧巻。周辺は平成百景にも選ばれ、中でも夕暮れの美しさは、県が誇る夕日百選。

白崎万葉公園 興国時 戸津井鍾乳洞

 風光明媚な白崎の景色を歌に詠んだ万葉の和歌と平成の和歌。その2つの歌碑が仲良く並ぶ海岸沿いの公演です。今も昔も変わることなく愛される詠人が見た風景を目の前に、2つの万葉歌に思いをはせてみてはいかが。

 醤油文化の発祥地・興国寺。鎌倉3代将軍源実朝の菩提を弔うために建てられた西方時が前身で、安貞元年(1227)に建立。後に法燈国師を迎え、大いに発展します。国師は中国から味噌と醤油を伝承したことでも有名。

 大正2年から昭和20年頃までは石灰採石場として利用され、全長約100mと小規模ながら針天井や小銀河など、自然の造形の面白さや不思議に触れることができます。洞内は年中15℃と快適。探検家の気分を楽しんで。